子供向けの教育に塾を利用検討する

模試で悪い判定のときにどう教育するか

子供向けの教育に塾を利用検討する 模擬試験を受けると、A判定からE判定などが出されることがあります。A判定は、合格の可能性が極めて高く、80パーセント以上となっています。Cが50パーセント、Dは30パーセント、Eは20パーセント以下などです。A判定といえども100パーセントまでは言いませんし、E判定でも0パーセントではありません。Aで不合格、Eで合格している人もいます。

模試で悪い判定が出た時の子供に、どう教育するかがあります。中学生の内申点とは違い、模試はあくまでもその時の実力の参考値です。ある時の判定が悪いから、志望校をすぐに変える必要はありません。1年前や夏休み後ぐらいであればまだまだ可能性があります。まずは悪い判定の理由を考え、よい判定に持っていけるよう努力を促します。

秋以降や冬休み前の模試で悪い判定が出るとき、少しは志望校の変更を考える必要があります。まだ時間はありますが、それは周りも同じです。早いうちは勉強の目安ですが、直前に近づくと志望校決定にそれなりに影響します。

注目の情報



Copyright(c) 2019 子供向けの教育に塾を利用検討する All Rights Reserved.